FXで重要な円安・円高

FXでもっとも重要な円高と円安

むしろ取引が出来ない

FXで資産投資をするには、まずは通貨の為替相場について知っておくことが必要です。
ニュースなどで聞いたことがあると思いますが、円高や円安といった言葉をキャスターが言っているときに、「1ドル90円かぁ」と思っている人はあまり円安や円高の意味を理解していないのではないでしょうか?
そもそも通貨の為替相場が通貨の価値が変わっていることに普段意識する人は既に投資を行っている人や為替相場が影響する貿易関係の仕事をしている人ではないでしょうか。一般の人にとっては馴染みはあまりありませんよね。

 

では、1ドル=100円が1ドル=110円になった時と、1ドル=100円が1ドル=90円になったとき、110円と90円ではどちらが円安で、どちらが円高なのでしょうか?

 

答えは1ドル=110が円安、1ドル=90円が円高となります。
円の金額が小さくなったのに円高?と思った人もいるでしょう。

 

簡単に説明をすると、単価が1ドルのハンバーガーを110円購入するのと、単価が1ドルのハンバーガーを90円で購入するのでは、1ドルでハンバーガーという同じ商品を買うことが出来るにも関わらず日本円にすると20円の差があります。
これはハンバーガーの値段が変わったのではなく、1ドルに掛かる日本円の価格が変化した。つまり日本円の価値が変化したことを意味するのです。
なので、1ドルの価値が110円の時には日本円の価値が下がったことを意味しており円安となり、1ドルの価値が90円の時には日本円の価値が上がったことを意味し円高と表現されるのです。


ホーム サイトマップ